ピル値段

ピル値段

 

 皆さん、ピルの値段を高いと思いますか?安いと感じますか?或いは適切だと感じるでしょうか?私は因みに適切だと感じてます。

 

異常に安くても不安になるし、高ければ持続出来ない。私の感覚は不要な情報なので置いておいて、全世界から見て、日本のピル普及率は非常に低いですね。

 

この背景にいったい何が有るのでしょうか。ピルを処方してもらうまでの道のりが大変?ピルの値段自体、ネックになってる?

 

どの部分の悩みを払拭出来たらピルの普及につながるのでしょうか。

 

勿論、健康状態等の事情でピルを選択しない女性も居るでしょう。抱えてる問題点は皆、人それぞれ。

 

けれど、服用に問題のない女性には、もっと積極的にピルを服用して欲しいと思います。ピルがもっと身近なものになるように少しずつ入手までのシステムも変わって来てます。

 

市販では有りませんので、薬局での入手は出来ないのですが。

 

 

例えば知ってましたか?ピルは今や通販でも買えるんです。

 

産婦人科の高い敷居を跨がなくても自分の身を守る為のアフターピル・低用量ピルを常備しておくことが出来るんです。

 

特にアフターピルは時間との勝負です。

 

「まさか」が起きた時、産婦人科を受診して処方してもらってとなると結構な時間が経過してしまいますよね。

 

その、何も出来ない時間の経過というのは、物凄いストレスに成ると思うので、そういう事態を是非回避して頂きたいと思います。

 

通販を利用すれば、それは可能なのです。健康体で特に他に服用してる薬が無ければ通販でピルは買えます。長期服用となる低用量ピルの場合でもまとめ買いで割安で購入できます。

 

但し注意事項にも記載されてると思いますが定期的に血液検査など診て頂くようにしましょう。

 

面倒がらずに受けてください。ピルをより安全に服用する為に大事な事です。

 

こういった所の管理がしっかり出来る方で、且つピルの値段を少しでも抑えたい方は下記のページでより詳しく解説していきます。

 

ピル飲み方

 

 低用量ピルには性質上、少し癖があります。適当に飲める薬ではありません。
ピルの飲み方も幾つか守るべきルールが生じます。勿論ルールさえ守れば特に服用が苦になる事は無いのですが。

 

長期間、服用していく間で時には飲み忘れたり等の敗が想定できますね。ここでは服用中に出てくる疑問等を想定して対策を挙げて行きたいと思います。

 

うっかり飲み忘れちゃった、どうしよう

12時間以内なら慌てなくて大丈夫。気付いたらすぐに服用しましょう。そして、その日の分も しっかり服用しましょう。もしも、2日以上、続けて飲み忘れたら他の避妊方法を使いましょう。

勘違いで多く飲んじゃった、身体に影響は?

1日2錠服用してしまっても体に害はありません。翌日からも通常通り決めてある時間に正しい用量を服用してください。量の加減等は思わぬアクシデントに繋がりかねませんので、しないでください。

長い間飲み続けて大丈夫?

全く問題ありません、但し定期的に血液検査等を受けましょう

お酒を飲んでも大丈夫?

避妊効果には影響はありませんが薬が吸収される前に飲みすぎて吐いてしまうと避妊効果が弱まる事があります。戻したのが服用後2時間以内なら吸収されてない可能性があるので、もう一度服用しましょう

一緒に服用してはいけない薬は?

市販薬・塗り薬等の外用薬については併用しても問題ありません。但し下剤など、吸収される前に薬を排出してしまう可能性のある薬は極力4時間以上空けて服用した方が良いでしょう。
また医師により処方される抗痙攣薬・バルビツール酸誘導体(睡眠薬の一種)ある種の抗生物質・免疫抑制剤は薬物相互作用が報告されてるので医師にかかる際は低用量ピルを服用してる事をしっかり伝えておきましょう。

 

ピルの飲み方も判り上手に付き合える自信がついたら、早速ピルを選びましょう

 

低用量ピル

 

 ピルって聞くと皆さん、どのピルを想像しますか?事後の服用でも望まない妊娠を回避できるアフターピルでしょうか?

 

それとも緩やかにホルモンをコントロールしていって妊娠する為の機能を眠らせていく低用量ピルでしょうか。

 

因みにどちらのピルも今やネットで購入可能です。

 

 

アフターピルは「まさか」の時に常備しておくと安心ですね。

 

パートナーが避妊に失敗した
安全日を選んだけど、やっぱり心配
性犯罪に巻き込まれた

 

誰もが遭遇し得る状況ですよね。ただアフターピルは低用量ピルに比べて副作用の出現率も多少、高くなっており、また感じる不快感も人によってですが、強く感じられる傾向にあるようですので私は低用量ピルをお勧めしたいです。

 

そういってもアフターピルの改良も進んでいて、一昔前よりも吐き気等の副作用も穏やかになってるそうですので、「まさか」に遭遇したら躊躇わず服用してください。望まない妊娠で、これ以上、心身を傷つけたりしないでください。

 

さて、話を低用量ピルに戻します。低用量ピルには21日タイプと28日タイプがありますね。

 

しかし、28日タイプが28日掛けて避妊効果を発揮させるわけでなく実は22日目以降は偽薬で、服用の習慣を維持させる為の効果があります。

 

なので仮に22日目以降28日目までの間(偽薬服用期間中)の飲み忘れに関しては勿論何の心配も要りません。

 

但し7日間以上の休薬は妊娠の確率が一気に上がりますので2シート目に入る日を忘れないようにしましょう。

 

そういった点で、28錠タイプだと、勘違いも軽減される気がします。

 

最後の偽薬を服用しきった後、2シート目に移れば間違いありませんね。

 

このように緩やかに妊娠しない体を作るのですが、性病までは予防出来ませんのでコンドーム等で確実な避妊・性病予防に努めましょう。

 

低用量ピル・アフターピルの詳細はこちらで確認できます

 

ピル種類

 

 ピルは大きく分けると、アフターピルと低用量ピルに分かれますね。低用量ピルもアフターピルも、現在では、かなり改良が進んでますのでユーザーさんが感じる不快感も、随分と軽減されてます。

 

 

今回は、数あるピルの種類の中から、皆さんのピル選びの参考に成れたらと思います。

 

では早速ポイント・利点を押さえて述べて行きたいと思います。

 

低用量ピルは更に細かい分類を述べますと、黄体ホルモンの種類によって

 

「世代」というのがあり第1世代〜第4世代まであります。日本で扱いのある「ヤーズ」は第4世代になります。

 

一般的な21錠の実薬+7錠の偽薬の組み合わせが主流かと思いますが「ヤーズ」に限っては、実薬が24錠・偽薬が4錠というセットになってます。

 

利点・特徴として、ホルモンをより安定させる効果と男性ホルモン作用が無いという特徴が有ります。

 

そして更に細かく分類していくと、1シートの、すべてホルモンの含有量が同じ「1相性ピル」とホルモン含有量が3段階に変化する「3相性」の物があります。

 

これも、やはり優れた利点があります。「1相性ピル」は生理日の調整が比較的、容易に出来ます。

 

「3相性ピル」は含有量を絶妙にコントロールして不正出血に対抗してくれます。

 

まず最初は用途に合わせて選んでみると良いですね。これだけの種類が有りますと或いは1度で身体に合ったピルに出会うのは難しいかもしれませんが。

 

諦めずに探してほしいと思います。身体に馴染んでくれるピルは色んな症状を改善してくれます。

 

ピルの種類と特徴が判った所で身体に合ったピルを探しましょう